Copyright © 2019 行政書士かおる法務事務所 All Right Reserved.

ご挨拶

当事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。

当事務所はペットの相続専門としてスタートしました。

私は動物が大好きで、我が家には人間の倍以上の猫たちとそんな猫たちが大好きな犬がいます。

ペットは家族であり人生の伴侶であるという方も多いでしょう。

私にとっても、我が家の猫や犬はかけがえのない大切な家族の一員です。

しかしながら、日本では年間約13万頭の犬猫が殺処分されています。(平成25年度 環境省報告)

一旦飼い始めたにもかかわらず、途中で放棄してしまう方もいます。一部の飼い主の無責任な行動によって、動物が苦手な方とのペットを巡るトラブルも後を絶ちません。

ペットという存在はなくなることはないでしょう。むしろ、これからの時代ますます存在意義は大きくなると思います。だからこそ、ペットと人の在り方を変えていかなければなりません。

飼い主は、まずは自分のペットに責任を持つ必要があります。

人間は必ず亡くなり、相続が発生します。財産がなくても、家族が仲が良くても相続トラブルは発生します。

そして残された相続人に大きな負担をかけ、ペットはその行き場をなくします。

当事務所では、開業当初からペットを思う飼い主様とそのご家族の想いを全力でサポートするために

ペットのための信託契約書と遺言書の作成をさせていただいております。

しかし、お話を聞く中で気づいた事がありました。ペットの事以外にも解決すべき問題が多くあるという事です。

それらを解決するべく、ペット相続専門から間口を広げ民事信託や遺言などのトータルサービスによって

ご家族皆さまの悩み事を解決していきたいと考えるようになりました。

いつまでも、ペットを含め大切なご家族皆さんが安心して暮らしていける様、全力でお手伝いさせていただきます。

PROFILE

服部 薫  (Hattori Kaoru)

  • 行政書士かおる法務事務所 代表

  • 一般社団法人ファミリーアニマル支援協会 代表理事

  • ​里親募集型保護猫×古民家カフェ Cafe Gatto 総支配人

熊本県天草市生まれ。

高校生の時に実家に迷い込んだ野良猫を飼い始める。大学に入り、野良猫や放浪犬の多さを疑問に思い、日本の殺処分問題について調べ始める。自分の住んでいる福岡県が、その当時動物殺処分数全国ワースト1位であることに衝撃を受け殺処分をなくすための活動を始める。

動物の生体を学び、動物看護士として勤務。

殺処分をなくすには、ペットを取り巻く社会の環境や飼い主の意識、飼い方を変える必要があり、想いだけでは改善できないと感じ法律の勉強をする。その後ペット相続専門の行政書士事務所を開業。遺言書よりも確実にペットに財産が残せる「ペットのための信託契約」という仕組みを日本で初めて作り上げた。

「自分に万が一のことがあった場合に、ペットのために財産を確実に残す事が出来る方法がある」

と評判になり、全国各地から問い合わせを受けている。

2012年  福岡市博多区にペット専門の「行政書士かおる法務事務所」を開業。

2013年  福岡市東区に事務所を移転。福岡にとどまらず全国の飼い主からの御相談やお問合せを受ける

2014年 一般社団法人ファミリーアニマル支援協会(FASA)を設立。全国規模でペットのための信託普及のための活動を開始

2016年 里親募集型保護猫×古民家カフェCafe GattoをOPEN。ペットのための信託の猫の一時預かり先として設定もでき、

     また高齢の方でも猫と暮らせるサポートとしてペットのための信託のご相談も受け始める。

2018年 ペットのための信託契約だけでなく、広くペットと人が安心して生活できるための生前対策についてセミナーを始める。

​2019年 ファミリーアニマルサポート制度を開始

 
まずはお気軽にご相談ください

メールは24時間受付!お電話は受付専用となっています。